保険で節税対策を行なう|ファイナンシャルプランナーで節税対策【海外旅行保険は比較しよう】

plan.net

節税対策の切り札!保険を使って費用削減

保険で節税対策を行なう

説明

保険を使った節税

最近では、保険を使って節税対策を行なう企業も増えています。この保険を使った節税の仕組みを説明しますと、保険の積み立て分を税務上の費用にし、経理処理をすることで支払べき税金を最小限に抑えるというものです。

解約返戻金のシステム

しかし、この保険での節税対策では、保険を解約した場合の解約返戻金については税務上の収益になりますので、税金が課されることになります。そのため、預金を引き出したとしても、税務上の収益になることはないのです。

有用性の高い節税対策

解約返金で課税されるのなら節税対策には意味がないと思う方ももしかしたらいるかも知れません。確かに客観的に見ると、結局いつか取り戻されることになるので、あまり意味がないと思うのも無理はないです。しかし、それはケースバイケースで、「現在、節税対策をして手っ取り早く収益を増やす」という点において、保険は非常に有用性の高い節税対策と言うことがわかります。

節税効果の違い

全額損金定期保険

全額損金定期保険では、保険料を支払っている間の節税効果はかなり高いです。そのため、節税効果を高めたいという方にはおすすめできる保険になります。しかし、加入する年齢によっては解約返戻率が低いこともありますので、保険選びには注意が必要です。

逓増定期保険

逓増定期保険には、1/3タイプと1/2タイプの二種類があり、節税効果の高さには全額損金定期保険に負けています。しかし、約5年から15年ぐらいの短期間で資金を効率的に貯めることができるので、将来的に資金を運用したい方にはおすすめできます。

節税対策の保険で見ておくべきポイント

no.1

保険の商品

どの保険会社の商品を利用するべきかを考えることが、節税対策にとって一番重要なポイントになります。今では、保険も様々なプランがあり、多くの保険会社によって提供されています。その中でも、ご自身の節税目的に最適なプランを選びましょう。

no.2

解約返戻率

保険の解約返戻率についてもチェックしておくべきでしょう。解約返戻率が高ければ、解約したときに返還されるお金も多くなります。当然、その分課税も増えますが、保険を選ぶ際には解約返戻率も重要なポイントになります。

no.3

見積り金額

保険を導入する前に、各保険会社の見積り金額を比較しておきましょう。節税対策も大切ですが、導入することで無駄な費用がかかってはあまり意味はありません。そのため、見積り金額をチェックしておくことも必要です。

広告募集中